GDS2による診断とリプログラミング/キャデラックエスカレード

IMG_5190

定期点検にてお預かり作業中の、2015yモデルキャデラックエスカレードです。

 

IMG_5191

近年のCAN制御化が進んだ車両では、既存の点検記録簿に記載されている内容だけでは不十分。

専用テスターを駆使して、多岐に存在する各ECUのDTC診断や、場合によってはキャリブレーション情報の確認やリプログラミング等の必要性も存在します。

 

IMG_5193

特に現行モデルのGM車では、より処理能力の高いGDS2(GM次世代診断アプリケーションテスター)の使用が不可欠となり、もはやハンドスキャナーレベル等の診断では不具合に対する解決は困難な状況です。

例えば今回のエスカレードでは、CAN制御を行うECUが実に40個以上存在し、より高度で緻密な制御を行っています。

 

IMG_5197

また、以前にご紹介したアダプティブクルーズコントロールの不具合や、パークアシストの誤作動等によるトラブルでは、故障診断を実行してもその解決に対する不具合特定部位が確認出来ず、実はECUのソフトウェアをアップデートされたキャリブレーションにリプログラミングしなければ完治不可能なケースも多々存在します。

 

IMG_2798

UGではGMメーカーサーバーとのオンライン契約により、GM最新インターフェイスであるMDI2の使用によるTiSオンラインを起動させ、全てのGM車に対するプログラミング処理が可能

 

IMG_5195

ディーラーレベルのメンテナンスがUG内では実行可能な環境なので、GM系のメンテナンスでお困りの方は、一見様/業者様問わずご縁慮なくお問い合わせください。

 

IMG_5192

UG/yoshida



 

*当社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

2015y以降対応WiTECH/microPODⅡ導入 メーカーオンラインライセンス年間契約(Witech及びテックオーソリティ)

フォードIDS/VCM2導入済み

GM次世代診断アプリケーション GDS2/TECH2(最新インターフェイスMDI2)オンラインによるサービスプログラム等常時対応可能

ベンツDAS/XENTRY完備(SCNコーディング可能)&コーディングソフト「VEDIAMO」完備 その他 各車種対応AUTELテスター/DENSO DST-i等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~20:00  土/日/祝 12:00~18:00  定休日/毎週水曜日

 

 

image

2015yダッジチャレンジャー用/ウインカーCANBUSアダプター販売

 車輌のCANラインより、ウインカーの出力信号を取り出す、灯火類改善用のCANBUSアダプターです。

 北米デイライト対策等でお困りの業者様、これがあれば容易に日本仕様への灯火類改善が可能です。

 お問い合わせは冨田/吉田まで(業者様専用部品ですので、一般の方への販売はお断りすることがございます)

 

image

クライスラー/ダッジ LEDウインカー改善用 ハイフラキャンセラーも単体販売可能

日本仕様への灯火類改善作業に伴い、オリジナルのウインカー出力とは別に配線を施す作業が多々必要なアメ車。

しかし現行モデルのLEDウインカー採用車で、FAULT SENSEラインがランプに接続されている車両は、既存のように抵抗等のダミー回路ではハイフラをキャンセルすることは不可能です。

この小さなユニットひとつで最大4箇所のウインカーハイフラキャンセルが可能です。

 

 

 

他のチャレンジャーとは違う、シーケンシャルターンシグナル&アダプティブブレーキランプ

その全ては、UGオリジナル