テールランプの日本仕様改善/ダッジチャージャー

 

 

IMG_6498

車検でお預かりした、2012yモデルのLD系ダッジチャージャー6.4SRT8のテールランプ改善作業です。

既にご存知のように、ブレーキとウインカーが同回路の「レッド点滅ウインカー」であるチャージャーは、もちろんこの状態では検査に合格することは不可能です。

また、「レッドウインカー」に起因する事故等の報告も度々発生し、警察の街頭取り締まりも以前にも増して多くなってきているので、安全の為にもアンバー点滅のウインカーで公道を走行するようにすべきです。

 

IMG_6181

ただ、US本国の外観イメージから大きく外れる灯火仕様では、オーナー様の満足を得ることは出来ません。

メーカーが設計した外観イメージを損なうことなく、また大幅な改造によるコストを考慮すれば、LD系チャージャーではスイッチバック式ウインカー&バックランプがお勧めです。

 

IMG_6496

通常のバックランプソケットをW球用ソケットに変更し、スイッチバック式LEDにてウインカーとバックランプの併用。

もちろん、現車に対する配線加工は必須となります。

その点灯/点滅作動を動画にて、ご確認ください↓(ブログより動画が確認できます)

 

 

スモール及びブレーキ点灯は、オリジナルと同一。

バックランプもオリジナルと同じですが、ウインカー作動時にはバックランプ灯がアンバー点滅に切り替わります。

もちろん車検対応、未だUS仕様のままのお車にお乗りの方は、安全のために是非ともご検討ください。

 

UG/yoshida



*当社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

2018y以降対応/オンラインWiTECH2.0(Web/wiTECH)導入 テックオーソリティライセンス年間契約

フォードIDS/VCM2導入済み(各種プログラミング可能)

GM次世代診断アプリケーション GDS2/TECH2(最新インターフェイスMDI2)オンラインTis完備/各種プログラム可能

ベンツDAS/XENTRY完備(SCNコーディング可能)コーディングソフトVEDIAMO その他 各車種対応AUTELテスター/DENSO DST-i等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~20:00  土/日/祝 12:00~18:00  定休日/毎週水曜日

 

 

image

2015y以降/現行ダッジチャレンジャー用/ウインカーCANBUSアダプター販売

 車輌のCANラインより、ウインカーの出力信号を取り出す、灯火類改善用のCANBUSアダプターです。

 カナダ仕様デイライト対策等でお困りの業者様、これがあれば容易に日本仕様への灯火類改善が可能です。

 お問い合わせは冨田/吉田まで(業者様専用部品ですので、一般の方への販売はお断りすることがございます)

 

image

クライスラー/ダッジ LEDウインカー改善用 ハイフラキャンセラーも単体販売可能

日本仕様への灯火類改善作業に伴い、オリジナルのウインカー出力とは別に配線を施す作業が多々必要なアメ車。

しかし現行モデルのLEDウインカー採用車で、FAULT SENSEラインがランプに接続されている車両は、既存のように抵抗等のダミー回路ではハイフラをキャンセルすることは不可能です。

この小さなユニットひとつで最大4箇所のウインカーハイフラキャンセルが可能です。