ESP点灯修理による中古ユニットの選択/ベンツC200

 

IMG_2105

ESPの警告ランプが点灯するということで、業者様より修理ご入庫いただいた、W204型ベンツC200の作業です。

 

IMG_2257

XENTRYによる診断では、結論から言えばステアリングアングルセンサーの機能不良

ESPの制御を行ううえで、ステアリングの位置情報(現在のハンドルの左右切れ角度)をコラムモジュール(MRM)からCAN受信するのですが、MRM内部不良にてアングルセンサーのデーターが得れない状態です。

 

IMG_2258

この型のアングルセンサーは、MRM(コラムモジュール)に内蔵されている為、アングルセンサー交換=コラムモジュールAssy交換という図式になります。

 

IMG_2260

CANで制御されるECUになるので、金額もそれなりに…ですが、今回は業者様のご希望により、中古品を手配させていただきました。

 

IMG_2259

コラムモジュールはシリアルで個別化されたECUでは無いので、他車に使用されていた中古部品が利用可能

 

IMG_2289

但し、ただ交換しただけではESPの警告は点灯したままなので、XENTRYを接続して交換の際に入力されたDTC(故障コード)を消去後、ESPユニットでの学習等を実行しなければいけません。

 

IMG_2256

UGではベンツ専用診断機である「XENTRY/DAS」を完備し、アメ車のみならずベンツの修理も数多く承っております(2017y度 年間ベンツ修理入庫実績164台)

あらゆるクラスの各種故障診断はもちろん、ECU交換の際に必要なオンラインによるSCNコーディング等、ディーラーレベルの作業が可能です。

また、ディーラーでは行うことの無い、各種コーディング変更等も修理作業にて実施(例:一部の中古部品プログラム変更による同期/SBC作動時間超過に対するリセット処置等)

ユーザー様のご希望に応じて、各種カスタムコーディング(デイライトやTVアクティブ等)も施行致します。*参照→http://ug-jpn.com/2018/09/15/19272/

ベンツの修理でお悩みの方は、ユーザー様/業者様問わず、お気軽にご連絡お願いします。

 

UG/yoshida



 

*弊社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

2018y以降対応/オンラインWiTECH2.0(クライスラーWebディーラー診断機/ワイテック2)導入 テックオーソリティライセンス年間契約

フォードIDS/VCM2導入済み

GM次世代診断アプリケーション GDS2/TECH2(最新インターフェイスMDI2)オンラインTis完備/各種プログラム可能

ベンツDAS/XENTRY完備(SCNコーディング可能)コーディングソフトVEDIAMO及びDTS Monaco その他 各車種対応AUTELテスター/DENSO DST-i等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~20:00  土/日/祝 12:00~18:00  定休日/毎週水曜日

 

 

image

2015yダッジチャレンジャー用/ウインカーCANBUSアダプター販売

 車輌のCANラインより、ウインカーの出力信号を取り出す、灯火類改善用のCANBUSアダプターです。

 カナダモデルの対策等でお困りの業者様、これがあれば容易に日本仕様への灯火類改善が可能です。

 お問い合わせは冨田/吉田まで(業者様専用部品ですので、一般の方への販売はお断りすることがございます)

 

image

クライスラー/ダッジ LEDウインカー改善用 ハイフラキャンセラーも単体販売可能

日本仕様への灯火類改善作業に伴い、オリジナルのウインカー出力とは別に配線を施す作業が多々必要なアメ車。

しかし現行モデルのLEDウインカー採用車で、FAULT SENSEラインがランプに接続されている車両は、既存のように抵抗等のダミー回路ではハイフラをキャンセルすることは不可能です。

この小さなユニットひとつで最大4箇所のウインカーハイフラキャンセルが可能です。

トップページへ戻る