ランプソケットの弱点と対策/ベンツCL55AMG

IMG_4863

ウインカーの点滅が早い…いわゆる「ハイフラ」状態のC215型ベンツCL55AMGです。

 

IMG_4862

メーターディスプレイには、右前のウインカーが点滅不良を起こしている警告

ベンツの場合、重要保安灯であるウインカーが球切れ等で点滅しなくなると、運転上危険と判断し、SAMユニットの制御にて他のランプを代用してウインカー点滅する機能があります(予備ランプ機能)。

今回のCL55では、右前のウインカーが点滅しなくなっていたので、右側のフォグランプがウインカー作動時に予備ランプとして点滅作動してました。

 

IMG_4865

C215型のCLでは、ウインカーのバルブは21Wのアンバーハロゲン電球を使用しています。

 

IMG_4867

ソケットにバルブを装着して、ヘッドライトに設けられたウインカー部にソケットを45度程度廻してロック

しかし、その構造ゆえ、ソケット側及びライト側双方の接点不良を誘発し、長年使用していると土台側のプラスチック樹脂が接触抵抗により熱を帯び変形が発生。

ソケット側なら消耗品と割り切って交換を選択できても、ライト側=ランプユニットAssyのほうは、さすがにウインカーの接点不良如きで交換するのは躊躇う金額です。

 

IMG_4866

この欠点は、メーカーも以前から認識しており、接点不良を起こすことを想定してランプ側の接点に頼らない対策ソケットが供給されています。

ソケットからダイレクトに配線が接続されており、車両側のフロントウインカー配線を結線。

 

IMG_4868

これなら例えライト側の接点が焼けてしまっても、その接点に頼ることなく、また接続カプラー式なので接点不良のトラブルも回避できます。

…ただし、テールライト側の接点不良に対しては、対策ソケットのメーカー供給は確か存在していないので、交換が余儀なくされます…。

また、近年の車両ではLED化により、このような接触抵抗による接点不良等のトラブルは少なくなりました。

 

UG/yoshida



 

*当社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

2015y以降対応WiTECH/microPODⅡ導入 メーカーオンラインライセンス年間契約(Witech及びテックオーソリティ)

フォードIDS/VCM2導入済み

GM次世代診断アプリケーション GDS2/TECH2(最新インターフェイスMDI2)オンラインによるサービスプログラム等常時対応可能

ベンツDAS/XENTRY完備(SCNコーディング可能)&コーディングソフト「VEDIAMO」完備 その他 各車種対応AUTELテスター/DENSO DST-i等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~20:00  土/日/祝 12:00~18:00  定休日/毎週水曜日

 

 

image

2015yダッジチャレンジャー用/ウインカーCANBUSアダプター販売

 車輌のCANラインより、ウインカーの出力信号を取り出す、灯火類改善用のCANBUSアダプターです。

 北米デイライト対策等でお困りの業者様、これがあれば容易に日本仕様への灯火類改善が可能です。

 お問い合わせは冨田/吉田まで(業者様専用部品ですので、一般の方への販売はお断りすることがございます)

 

image

クライスラー/ダッジ LEDウインカー改善用 ハイフラキャンセラーも単体販売可能

日本仕様への灯火類改善作業に伴い、オリジナルのウインカー出力とは別に配線を施す作業が多々必要なアメ車。

しかし現行モデルのLEDウインカー採用車で、FAULT SENSEラインがランプに接続されている車両は、既存のように抵抗等のダミー回路ではハイフラをキャンセルすることは不可能です。

この小さなユニットひとつで最大4箇所のウインカーハイフラキャンセルが可能です。

 

 

 

 

US本国仕様4灯ブレーキ/スモール同時点灯&スイッチバック式ウインカーアンバー点滅

~2010yチャージャー/~2014yチャレンジャー等、ご興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

 

IMG_2945

純正HEMIネームプレートをベースにレーザー加工にて製作したUGオリジナル「HEMI」LEDビームエンブレム

エンブレムのアート化もしくは補助サイドウインカーとして…厚さ僅か3mmとオリジナルの外観を崩さず、均等かつ鮮明に発光します。

注意:車両側に配線を通す穴あけ加工が必要です