デジタル制御による日本仕様灯火類改善/ダッジチャレンジャー

IMG_4848

日本仕様に改善作業中の、2017yNewCarダッジチャレンジャーSXTです。

アメ車の場合、欧州車と異なり、最も煩わしいのがテールランプの灯火類改善

殆ど多くのアメ車の場合、テールのブレーキ及びウインカー信号がBCM(ボディコントロールモジュール)より1本の配線にて出力されているので、その辺りの制御を理解する必要があります。

 

IMG_4845

例えば、近年の車両ではCAN制御の進化により、多くのECUをコントロールしています。

各ECU間の情報を、車載エリアネットワークであるCANライン伝送データーを解析することで、必要な情報を入手。

 

IMG_4844

UGがオリジナルで開発した、チャレンジャーのCAN解析によりウインカーデーターを採取したCANBUSアダプター

具体的には、CANラインに分岐結線しアダプター内にCAN信号を入力させれば、スイッチ操作により正常点滅作動を繰り返す各ウインカー信号のみを12Vで出力させることが可能。(別途電源のみ配線必要)

BCMとは無関係に出力するので、このアダプターによる出力作動ではDTC入力もハイフラ作動も有り得ません

 

IMG_1625

CANとは「コントロールエリアネットワーク」の略で、元来BOSCH社が車載ネットワーク用に開発したものです。

ECU間エリアネットワークの技術により、各ECUにCANインタフェースを1つ搭載するだけで、システム内の各デバイスのアナログ/デジタル入力が不要になります。

このアダプターは、このCANにて伝送されるデーターの、必要とするメッセージ情報だけをプログラムした、CANBUSアダプターになります。

車両に搭載されるネットワーク上の各デバイスは、CANコントローラチップを搭載しているため、伝送される全てのメッセージを見ることができます。

このメッセージ(情報)を必要とする部分だけ出力、もしくはミックスさせて…CANを自在に操ることが出来れば、その可能性は無限に広がります。

 

IMG_4846

これによりUGでは北米仕様であっても、オリジナルで加工したシーケンシャルテールランプの作動に成功

シーケンシャルウインカー化により、元来のブレーキ点灯は、スモールランプとの減光回路にて作動。

 

IMG_4843

その最も簡単な方法は、減光式リレー等によるアナログ制御による出力電圧調整ですが、アナログがゆえ、その回路の複雑化と不安定な部分が伴います。

そのため試作として、キャンセラー回路も内蔵したマイコンによる制御を行うために、必要な回路をオリジナルで製作。

 

IMG_4861

それは必要とする制御を、現車の照度等を考慮しながら、パソコンにて調整プログラムをインストール

CPUのプログラム化されたデジタル制御により、その回路はよりスマートにそして正確に…そしてトータルコストダウン化への貢献。

もちろん他のECUに対する弊害も皆無により、WiTECHによる診断ではDTC入力も存在しません。

 

IMG_4847

まだまだCANに対する理解が自動車のメンテナンス業界ではかなり乏しいのが現実であり、ましてやCANによるプログラムとなるとメーカーレベルの内容なので、オリジナルのCANBUSアダプターを開発することが容易では無いことをご理解ください。

 

UG/yoshida



 

*当社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

2015y以降対応WiTECH/microPODⅡ導入 メーカーオンラインライセンス年間契約(Witech及びテックオーソリティ)

フォードIDS/VCM2導入済み

GM次世代診断アプリケーション GDS2/TECH2(最新インターフェイスMDI2)オンライン対応

ベンツDAS/XENTRY完備(SCNコーディング可能) その他 各車種対応AUTELテスター/DENSO DST-i等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~20:00  土/日/祝 12:00~18:00  定休日/毎週水曜日

 

 

image

2015yダッジチャレンジャー用/ウインカーCANBUSアダプター販売

 車輌のCANラインより、ウインカーの出力信号を取り出す、灯火類改善用のCANBUSアダプターです。

 北米デイライト対策等でお困りの業者様、これがあれば容易に日本仕様への灯火類改善が可能です。

 お問い合わせは冨田/吉田まで(業者様専用部品ですので、一般の方への販売はお断りすることがございます)

 

image

クライスラー/ダッジ LEDウインカー改善用 ハイフラキャンセラーも単体販売可能

日本仕様への灯火類改善作業に伴い、オリジナルのウインカー出力とは別に配線を施す作業が多々必要なアメ車。

しかし現行モデルのLEDウインカー採用車で、FAULT SENSEラインがランプに接続されている車両は、既存のように抵抗等のダミー回路ではハイフラをキャンセルすることは不可能です。

この小さなユニットひとつで最大4箇所のウインカーハイフラキャンセルが可能です。

 

 

 

 

…他のチャレンジャーとは違う、UGオリジナルで開発したシーケンシャルウインカーを有したテールランプ。

2017y以降モデルの自社輸入車両は、全車シーケンシャルウインカー及びアダプティブブレーキランプで販売させていただきます。

もちろん車検対応特許出願中

 

IMG_2945

純正HEMIネームプレートをベースにレーザー加工にて製作したUGオリジナル「HEMI」LEDビームエンブレム

エンブレムのアート化もしくは補助サイドウインカーとして…厚さ僅か3mmとオリジナルの外観を崩さず、均等かつ鮮明に発光します。

注意:車両側に配線を通す穴あけ加工が必要です