解除不能のステアリングロック/ベンツC63AMG

IMG_5241

ある日突然、何の前ぶれも無く、エンジンがかからなくなった、W204型ベンツC63/AMG

 

IMG_5140

プッシュスタートボタンを外してキーを挿入しても、キーは廻れどキーON状態になってくれず無反応…。

 

IMG_5138

このような状態だと、いくら現車にSDconnectを接続してXENTRY(ベンツ純正正規テスター)を起動させても、テスターと通信しないのでECU診断が実施出来ません。

何故なら、キーオン状態でなければ全てのECUが立ち上がらないので、テスターとのCANコミュニケーションがとれずに車両認識が不可能

 

IMG_5144

また、運よく一時的に車側が復帰したとしても、キーオンになっていないので、各ECUには不具合を認識するDTCの入力は皆無状態ということもあります。

 

IMG_5159

上記の症状から、ベンツ修理経験値のある工場では特に、EZSトラブルによるものと判断しがちな内容

いわゆる「エレクトロニックイグニッションスイッチ」部位の総称であり、セキュリティの厳しいベンツでは、まず正規ディーラー権を取得していなければメーカーからの入手は不可能といわれる「外販禁止指定部品」。

 

IMG_5151

しかし実はEZS以外にも、可能性の高い不具合原因部位が、このW204型には存在します。

問題は、キーをEZSに挿入した際に、車両側がスタートOKを許可する状態であるか否か…。

 

IMG_5152

ステアリングコラム奥に装着されている、ELVと呼ばれるエレクトロニックステアリングロックユニット

キーを挿入した際に、車側が=EZSが許可すれば、ELVがロック解除を行い、次のステップ=キーオン状態へのアクセスが可能。

このELVの内部不良…例えば内部ロックモーターの動作不良等が発生すれば、今回のC63のような症状に陥ります。

 

IMG_5242

ただし、ELVも基本的に「外販禁止指定部品」…ですが、現物修理による再生が可能な場合も多々あり、今回のC63も無事解決に至りました。

 

UG/yoshida



 

*当社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

2015y以降対応WiTECH/microPODⅡ導入 メーカーオンラインライセンス年間契約(Witech及びテックオーソリティ)

フォードIDS/VCM2導入済み

GM次世代診断アプリケーション GDS2/TECH2(最新インターフェイスMDI2)オンラインによるサービスプログラム等常時対応可能

ベンツDAS/XENTRY完備(SCNコーディング可能)&コーディングソフト「VEDIAMO」完備 その他 各車種対応AUTELテスター/DENSO DST-i等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~20:00  土/日/祝 12:00~18:00  定休日/毎週水曜日

 

 

image

2015yダッジチャレンジャー用/ウインカーCANBUSアダプター販売

 車輌のCANラインより、ウインカーの出力信号を取り出す、灯火類改善用のCANBUSアダプターです。

 北米デイライト対策等でお困りの業者様、これがあれば容易に日本仕様への灯火類改善が可能です。

 お問い合わせは冨田/吉田まで(業者様専用部品ですので、一般の方への販売はお断りすることがございます)

 

image

クライスラー/ダッジ LEDウインカー改善用 ハイフラキャンセラーも単体販売可能

日本仕様への灯火類改善作業に伴い、オリジナルのウインカー出力とは別に配線を施す作業が多々必要なアメ車。

しかし現行モデルのLEDウインカー採用車で、FAULT SENSEラインがランプに接続されている車両は、既存のように抵抗等のダミー回路ではハイフラをキャンセルすることは不可能です。

この小さなユニットひとつで最大4箇所のウインカーハイフラキャンセルが可能です。

 

 

 

 

US本国仕様4灯ブレーキ/スモール同時点灯&スイッチバック式ウインカーアンバー点滅

~2010yチャージャー/~2014yチャレンジャー等、ご興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

 

IMG_2945

純正HEMIネームプレートをベースにレーザー加工にて製作したUGオリジナル「HEMI」LEDビームエンブレム

エンブレムのアート化もしくは補助サイドウインカーとして…厚さ僅か3mmとオリジナルの外観を崩さず、均等かつ鮮明に発光します。

注意:車両側に配線を通す穴あけ加工が必要です