エレクトロニックステアリングロックのトラブル/ベンツC200

IMG_5669

バッテリーの交換依頼で業者様より入庫した、W204型ベンツのC200です。

バッテリーを交換後、エンジン始動を何度か繰り返すと、時折エンジンがかからない症状が発生。

 

IMG_5584

具体的には、イグニッションキーは廻れど、キーON状態にならず全くの無反応

一見、バッテリーが完全にあがっているのか?と、勘違いするこの症状。

 

IMG_5585

しかし、時折その症状が出るだけで、正常なときは全く普通にエンジンが始動するので、電子イグニッションであるEZSの内部不具合かとも錯覚するこのトラブル

もちろん、その不具合の可能性も考えられますが、W204等に採用されているエレクトロニックステアリングロック(ELS/ELV)が装備されている車両の場合、ELSの内部モーター部の動作不良による可能性が高いです。

 

IMG_5658

ステアリングコラムの奥に装着されているESLは、通常はキーをEZSに挿入すると「シャコッ」という動作音と共にステアリングロックが解除されます。

しかし、ESLの動作不良にてステアリングロックが解除されなかった場合、たとえEZSに挿入されたキーが廻っても、メーターディスプレイは「キーオン」状態にはなりません。

 

IMG_5671

電子イグニッションであるEZSは、ステアリングロックであるESLの解除を受けることによって、始動許可を指示するセキュリティーユニット。

もしステアリングロックの内部モーター等の動作不良が発生すれば、EZSは次のステップ(ACC及びキーオン)への許可は行わず、キーを廻しても無反応状態に陥ります。

 

IMG_5587

電子ステアリングロックであるESLは、メーカーでは「外販禁止指定部品」に属しており、基本「正規ディーラー」以外での修理は行えない体制をとっています。(盗難防止指定部位により)

しかし、ESL内部動作の不良トラブルの場合は、ESLユニットを交換して同期作業等の高額な修理を行わなくとも、本体の分解修理による再生が可能です。

 

IMG_5668

ただし、基本的にESLは、ロック解除が行える状態で取外し可能な構造なので、最近ESLモーターの解除作動音(シャコッという音)が変だと感じられる車両は、早めに対処しておいたほうが無難でしょう。

 

UG/yoshida



 

*当社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

2015y以降対応WiTECH/microPODⅡ導入 メーカーオンラインライセンス年間契約(Witech及びテックオーソリティ)

フォードIDS/VCM2導入済み

GM次世代診断アプリケーション GDS2/TECH2(最新インターフェイスMDI2)オンラインによるサービスプログラム等常時対応可能

ベンツDAS/XENTRY完備(SCNコーディング可能)&コーディングソフト「VEDIAMO」完備 その他 各車種対応AUTELテスター/DENSO DST-i等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~20:00  土/日/祝 12:00~18:00  定休日/毎週水曜日

 

 

image

2015yダッジチャレンジャー用/ウインカーCANBUSアダプター販売

 車輌のCANラインより、ウインカーの出力信号を取り出す、灯火類改善用のCANBUSアダプターです。

 北米デイライト対策等でお困りの業者様、これがあれば容易に日本仕様への灯火類改善が可能です。

 お問い合わせは冨田/吉田まで(業者様専用部品ですので、一般の方への販売はお断りすることがございます)

 

image

クライスラー/ダッジ LEDウインカー改善用 ハイフラキャンセラーも単体販売可能

日本仕様への灯火類改善作業に伴い、オリジナルのウインカー出力とは別に配線を施す作業が多々必要なアメ車。

しかし現行モデルのLEDウインカー採用車で、FAULT SENSEラインがランプに接続されている車両は、既存のように抵抗等のダミー回路ではハイフラをキャンセルすることは不可能です。

この小さなユニットひとつで最大4箇所のウインカーハイフラキャンセルが可能です。

 

 

 

 

他のチャレンジャーとは違う、シーケンシャルターンシグナル&アダプティブブレーキランプ

その全ては、UGオリジナル