禁断のVGS個別化解除/ベンツS500

IMG_6170

ATミッションの滑りにて、ミッション本体載せ替えが余儀なくされた、W221型ベンツS500の作業に対する、今回は特殊な事例です。

ちなみにW221に搭載されているATミッションは、722.9型7G-Tronic(7速AT)となります。

 

IMG_6016

現車のATミッションオイルパンを取外すと、ノーメンテ10ウン万キロに対するATミッションの劣化具合が、おびただしい量の鉄粉磨耗痕で確認できる状態

これらは全て、ATミッション内部のディスク等より発生した磨耗痕。

 

IMG_6159

なるべく低予算で…という依頼にて、選択した修理法は、中古ATミッションへの換装

同型の走行距離のなるべく少ない中古ATミッションを、あらゆるルートを駆使して探し出し、入手。

 

IMG_6151

ただし、バルブボディ上部に電子制御ECUであるVGSが装備された722.9型7速ATミッションでは、ハイドロ部のメカニカル部は中古選択出来たとしても、他車に取り付けられていたVGS(ATを電子制御するECU)では、車体番号で個別化(ロック)されているので流用不可。

 

IMG_6160

再使用可能であれば、もともと装着されていたATミッションのバルブボディ部のみを取外して、取り寄せた中古ATと組替すれば作動可能なのですが、先に述べたようにおびただしい量の鉄粉等異物により、その再使用による信頼性は極端に低い状態。

本来であれば、新品のVGS(エレクトリカルプレート)を取り寄せ/交換して、SCNコーディングを行うところ(UGでは外販禁止指定部品であるVGSの取り寄せ及びSCNコーディングは可能)ですが…リスクを承知で少しでも予算を抑える裏技手法。

 

IMG_6150

今回取り寄せた中古ATミッションに装着されていた、他車でロックされている中古VGS内臓エレクトリカルプレート

…本来、車両に個別化されてロックされなければ正常起動しないので、中古部品として使用するのは不可能といわれるのが定説

 

IMG_6167

この内容に対し、正規ディーラーでは行わない…いや、ベンツ正規の診断機器技術を駆使しても不可能な、個別化の解除トリック

VGSにプログラムされたSCN(ソフトウェアキャリブレーションナンバー)及び車体番号を解除し、新品のVGSと同じくユニットのプログラムを「無」の状態に変貌させます。

 

IMG_6112

その後、SCNコーディングにより、現車のプログラムをVGSへインストール…。

 

IMG_6149

このトリック作業により、個別化(ロック)されて本来他車で使えないといわれたVGSが、中古部品として使用可能となります。

 

IMG_6156

その後の作業としては、XENTRY/DAS(ベンツ純正診断機)にて新品VGS交換作業と同様、VGSの個別化によるロック作業を行い、シフトのアダプテーション等の仕上げ作業で中古VGSが別車両へと移行します。

 

IMG_6157

中古部品というリスクはありますが、そのあたりを承知していただければ、ECUのプログラム書き換えによる…中古ATミッション換装作業は可能です。

 

UG/yoshida


 

*当社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

2018y以降対応/オンラインWiTECH2.0導入 メーカーオンラインライセンス年間契約

フォードIDS/VCM2導入済み

GM次世代診断アプリケーション GDS2/TECH2(最新インターフェイスMDI2)オンラインTis完備/各種プログラム可能

ベンツDAS/XENTRY完備(SCNコーディング可能)コーディングソフトVEDIAMO その他 各車種対応AUTELテスター/DENSO DST-i等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~20:00  土/日/祝 12:00~18:00  定休日/毎週水曜日

 

 

image

2015yダッジチャレンジャー用/ウインカーCANBUSアダプター販売

 車輌のCANラインより、ウインカーの出力信号を取り出す、灯火類改善用のCANBUSアダプターです。

 北米デイライト対策等でお困りの業者様、これがあれば容易に日本仕様への灯火類改善が可能です。

 お問い合わせは冨田/吉田まで(業者様専用部品ですので、一般の方への販売はお断りすることがございます)

 

image

クライスラー/ダッジ LEDウインカー改善用 ハイフラキャンセラーも単体販売可能

日本仕様への灯火類改善作業に伴い、オリジナルのウインカー出力とは別に配線を施す作業が多々必要なアメ車。

しかし現行モデルのLEDウインカー採用車で、FAULT SENSEラインがランプに接続されている車両は、既存のように抵抗等のダミー回路ではハイフラをキャンセルすることは不可能です。

この小さなユニットひとつで最大4箇所のウインカーハイフラキャンセルが可能です。

 

 

 

 

純正HEMIネームプレートをベースにレーザー加工にて製作したUGオリジナル「HEMI」LEDビームエンブレム

エンブレムのアート化もしくは補助サイドウインカーとして…厚さ僅か3mmとオリジナルの外観を崩さず、均等かつ鮮明に発光します。

注意:車両側に配線を通す穴あけ加工が必要です