オートライド機能のバイパス処置/キャデラックエスカレード

IMG_7310

例えば、2007y~2013yまでの先代モデルにあたるキャデラックエスカレードにて、サービスサスペンションシステムの警告が点灯してしまったケース。

この頃のエスカレードの他、サバーバン/タホやユーコンデナリ等にはオートライド機能が備わっており、ESCと呼ばれる電子サスペンションコントロールユニットにて制御されています。

 

IMG_7060

ESCは、各サスペンションのレベルセンサーや車速センサー等の他、EBCM(電子ブレーキコントロールモジュール)からのLIN情報等により、オートライドコンプレッサーを駆動させるのですが、各ダンパーにはそれぞれソレノイドアクチュエーターが備わっています

もし、このソレノイドアクチュエーターが不良の場合、ショックとしての機械的機能は問題なくとも、内蔵されたソレノイドが不良=その箇所の純正ショックAssyの交換となってしまい、かなり高額な部品代の出費となります。

その為、例えばアクチュエーター機能が存在しない社外製品に交換した際も同様に、ESCがソレノイド不良(断線)と判断し警告を発します。

 

IMG_7314

安価な社外製品のショックの多くは、アクチュエーター機能が存在していないため、各ショックの上部に位置するダンパーソレノイドのハーネスを装着する箇所が存在しません。

その代わり多くの「オートライド対応」と謳われている社外製品には、その機能に対するダミー(擬似)信号を送るキャンセラーが付属されています。

 

IMG_7312

例えば、このバイパスモジュール単品が入手出来れば、アクチュエーター機能不良だけの場合は社外製キャンセラー付きショックAssyを選択しなくとも、この「オートライドバイパスモジュール」を各箇所に結線するだけで、キャンセラーとしてのダミー信号を発生するので警告点灯は解決します。

 

IMG_7316

もちろん、既に社外製品ショック装着車で、キャンセラー部位が経年劣化により不良になった場合も、当社では単品より供給可能なので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

IMG_6450

UGではGM系(シボレー/キャデラック等)の純正診断機器であるGDS2/TECH2を完備(インターフェイス/MDI2)し、GMメーカーとのオンライン契約により、常にTisオンライン起動による各種プログラミングも対応可能です。

GMブランドの車種でメンテナンスにお困りの方(ディーラーの修理金額にご不満の方もしくは違法改造等の理由でディーラー作業を断られた方)、UGでは各種診断はもちろん、ECU交換の際に必要なプログラミング等、ディーラーレベルの作業が可能なので、ユーザー様及び業者様問わずご遠慮なくご連絡ください。

 

UG/yoshida



 

*当社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

2018y以降対応/オンラインWiTECH2.0(クライスラーWebディーラー診断機/ワイテック2)導入 テックオーソリティライセンス年間契約

フォードIDS/VCM2導入済み

GM次世代診断アプリケーション GDS2/TECH2(最新インターフェイスMDI2)オンラインTis完備/各種プログラム可能

ベンツDAS/XENTRY完備(SCNコーディング可能)コーディングソフトVEDIAMO その他 各車種対応AUTELテスター/DENSO DST-i等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~20:00  土/日/祝 12:00~18:00  定休日/毎週水曜日

 

 

image

2015yダッジチャレンジャー用/ウインカーCANBUSアダプター販売

 車輌のCANラインより、ウインカーの出力信号を取り出す、灯火類改善用のCANBUSアダプターです。

 カナダモデルの対策等でお困りの業者様、これがあれば容易に日本仕様への灯火類改善が可能です。

 お問い合わせは冨田/吉田まで(業者様専用部品ですので、一般の方への販売はお断りすることがございます)

 

image

クライスラー/ダッジ LEDウインカー改善用 ハイフラキャンセラーも単体販売可能

日本仕様への灯火類改善作業に伴い、オリジナルのウインカー出力とは別に配線を施す作業が多々必要なアメ車。

しかし現行モデルのLEDウインカー採用車で、FAULT SENSEラインがランプに接続されている車両は、既存のように抵抗等のダミー回路ではハイフラをキャンセルすることは不可能です。

この小さなユニットひとつで最大4箇所のウインカーハイフラキャンセルが可能です。

 

 

 

 

既に5thカマロのスタンダードとも思える、4灯ブレーキ/スモール同時点灯&スイッチバック式ウインカー点滅

ご興味のある方は、お気軽にご連絡ください。(~2014yチャレンジャーでも、同様の点灯方式が可能です)

 

IMG_2945

純正HEMIネームプレートをベースにレーザー加工にて製作したUGオリジナル「HEMI」LEDビームエンブレム

エンブレムのアート化もしくは補助サイドウインカーとして…厚さ僅か3mmとオリジナルの外観を崩さず、均等かつ鮮明に発光します。

注意:車両側に配線を通す穴あけ加工が必要です