エアサスベローズの劣化/リンカーンナビゲーター

IMG_7321

昨年末に車検整備にてお預かりしていた、2006yのリンカーンナビゲーターです。

年数が経過したナビゲーターで注意しなければいけない箇所は、やはりエアサス系の劣化によるトラブル

 

IMG_7284

今回のナビゲーターも点検すると、左前のエアサスベローズが劣化して表面ヒビ割れが酷く、いつパンクしてもおかしくない状態

どうしてもエアサスペンションは基本ゴム製品なので、経年劣化によりタイヤと同じくヒビ割れ等の発生により寿命が存在します。

 

IMG_7286

この状態では危険なので、車両よりストラットを取外して、劣化したベローズ部を組替します。

 

IMG_7288

リンカーンの場合は、他車のような「エアサスストラットAssy」という部品供給では無く、全て単品での供給

構成部品としては、単筒式油圧ショックエアサスベローズが装着され、アッパーマウントにて固定。

ベローズに装備されるソレノイドバルブも、別部品扱いとなるので、主要部品としては計4点となります。

 

IMG_7287

今回用意したパーツは、エアサスのベローズとアッパーマウントの2点

このアッパーマウント部も劣化により、よくエア漏れが発生してくる症例の多い箇所なので、古く錆びた状態のモノは同時に交換しておいたほうが無難。

ちなみにこのエアサスベローズ、リンカーン純正品価格は1つ20万オーバーとかなり高額なパーツとなります。

今回選択した部品は、エアサス部品メーカーとしては名の知れたArnott製社外パーツを選択

 

IMG_7290

Arnott製ベローズは信頼性も高く、かつ価格も純正に比べかなりリーズナブルなのでお勧めです。

 

IMG_7295

エアサスストラットを車両に組み付けた後は、IDSを接続してエアサス/レベルキャリブレーションの確認及び調整。

キャリブレーションによる車高の微調整後は、DTCの確認及びエア漏れ等発生していないかチェックして終了です。

 

IMG_7320

エアサスはその構造上、上記のようなエア漏れ等の機械的トラブルの他、それらを駆動させるコンプレッサーやECU系等の電気的トラブルも存在します。

そういったトラブルを回避する為に、コイルスプリングサスペンションに変更するのも一理ありますが、リンカーン本来の乗り心地は失われてしまうのも事実

また、エアサスからコイルスプリングに変更するということは、懸架装置(構造)が違うので構造変更手続きが必要となり、車検を新規で取り直す必要があります。

乗り心地を含むドライブフィーリングの維持を求めるか、後のトラブルに対するリスク回避を求めるか、どちらにしても一長一短といった感じでしょうか…。

 

フォードのジャパン撤退により、フォード/リンカーン系のメンテナンス等でお困りの方も多いかと思います。

UGでは、VCM2をインターフェイスとしたフォード/リンカーンのメーカー純正ディーラー診断機であるIDSを完備し、フォード/リンカーンブランドの各種診断及びプログラム等をも可能な環境ですので、今後のメンテナンスもご安心ください。

 

UG/yoshida



 

*当社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

2018y以降対応/オンラインWiTECH2.0導入 メーカーオンラインライセンス年間契約

フォードIDS/VCM2導入済み

GM次世代診断アプリケーション GDS2/TECH2(最新インターフェイスMDI2)オンラインTis完備/各種プログラム可能

ベンツDAS/XENTRY完備(SCNコーディング可能)コーディングソフトVEDIAMO その他 各車種対応AUTELテスター/DENSO DST-i等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~20:00  土/日/祝 12:00~18:00  定休日/毎週水曜日

 

 

image

2015yダッジチャレンジャー用/ウインカーCANBUSアダプター販売

 車輌のCANラインより、ウインカーの出力信号を取り出す、灯火類改善用のCANBUSアダプターです。

 カナダモデルのデイライト対策等でお困りの業者様、これがあれば容易に日本仕様への灯火類改善が可能です。

 お問い合わせは冨田/吉田まで(業者様専用部品ですので、一般の方への販売はお断りすることがございます)

 

image

クライスラー/ダッジ LEDウインカー改善用 ハイフラキャンセラーも単体販売可能

日本仕様への灯火類改善作業に伴い、オリジナルのウインカー出力とは別に配線を施す作業が多々必要なアメ車。

しかし現行モデルのLEDウインカー採用車で、FAULT SENSEラインがランプに接続されている車両は、既存のように抵抗等のダミー回路ではハイフラをキャンセルすることは不可能です。

この小さなユニットひとつで最大4箇所のウインカーハイフラキャンセルが可能です。

 

 

 

 

純正HEMIネームプレートをベースにレーザー加工にて製作したUGオリジナル「HEMI」LEDビームエンブレム

エンブレムのアート化もしくは補助サイドウインカーとして…厚さ僅か3mmとオリジナルの外観を崩さず、均等かつ鮮明に発光します。

注意:車両側に配線を通す穴あけ加工が必要です