アドブルーのプレヒータートラブル/ベンツE350

IMG_7355

年始早々に業者様よりチェックエンジン点灯修理にてお預かりした、W212型のベンツE350ブルーテックです。

 

IMG_7357

結論から言えば、ブルーテックエンジンでは定番のAdBlue(アドブルー)系のトラブル昨年末での当社の記事を見ていただいて、別の業者様からのご依頼です。

 

IMG_7383

新世代クリーンディーゼルエンジンであるブルーテックエンジンには、尿素SCRシステムが採用され、尿素水溶液であるAdBlue(アドブルー)のタンクがトランクフロア下部にマウントされています。

 

IMG_7379

SCRとはSelectiveCatalyticReductionの略で、選択触媒還元という意味です。

ディーゼルエンジンの排気ガス中の窒素酸化物(NOx)を浄化する技術であり、ECU制御にて尿素水であるAdBlue(アドブルー)を排気中に噴霧することにより、NOxを窒素と水に還元させるのが目的。

 

IMG_7358

今回の不具合はXENTRYによるSCR診断での実測では、AdBlueタンク内の温度センサー値が不良で、プレヒーターが機能していない状態と判明。

AdBlue(アドブルー)の凍結防止用にヒーター機能が備わっているのですが、その機能が不良になると排ガス浄化機能であるSCRが正常に制御出来ない=チェックエンジン警告を点灯させるという図式。

 

IMG_7372

プレヒーターを交換するため、車両よりAdBlueのタンクを降ろします。

さらにサプライユニット等を分解して、プレヒーターユニットの組替作業

 

IMG_7378

これが問題の、プレヒーター機能が内蔵された充填レベル/温度コンビセンサー

実はこのプレヒーターはよく壊れる箇所であり、メーカーも対策品に部品番号が変更されています。

 

IMG_7374

上記の画像は、壊れた旧品番のプレヒーターですが、矢印の箇所が

 

IMG_7377

品番変更後は、被膜によりコーティングされています。

 

IMG_7373

品番変更された新しいプレヒーターを組み込み、タンクを元に戻していきます。

 

IMG_7380

タンク装着後は、用意しておいたAdBlueをタンク内に充填

 

IMG_7384

最終仕上げはXENTRYにて、DTC消去や実測値にて正常機能が復活しているのを確認できれば完成です。

 

UGではベンツ専用診断機である「XENTRY/DAS」を完備し、アメ車のみならずベンツの修理も数多く承っております(2016y度 年間ベンツ修理入庫実績181台)

あらゆるクラスの各種故障診断はもちろん、ECU交換の際に必要なオンラインによるSCNコーディング等、ディーラーレベルの作業が可能です。

ベンツの修理でお悩みの方は、ユーザー様/業者様問わず、お気軽にご連絡お願いします。

 

UG/yoshida



 

*当社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

2018y以降対応/オンラインWiTECH2.0(Web/wiTECH)導入 テックオーソリティライセンス年間契約

フォードIDS/VCM2導入済み(各種プログラミング可能)

GM次世代診断アプリケーション GDS2/TECH2(最新インターフェイスMDI2)オンラインTis完備/各種プログラム可能

ベンツDAS/XENTRY完備(SCNコーディング可能)コーディングソフトVEDIAMO その他 各車種対応AUTELテスター/DENSO DST-i等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~20:00  土/日/祝 12:00~18:00  定休日/毎週水曜日

 

 

image

2015y以降/現行ダッジチャレンジャー用/ウインカーCANBUSアダプター販売

 車輌のCANラインより、ウインカーの出力信号を取り出す、灯火類改善用のCANBUSアダプターです。

 カナダ仕様デイライト対策等でお困りの業者様、これがあれば容易に日本仕様への灯火類改善が可能です。

 お問い合わせは冨田/吉田まで(業者様専用部品ですので、一般の方への販売はお断りすることがございます)

 

image

クライスラー/ダッジ LEDウインカー改善用 ハイフラキャンセラーも単体販売可能

日本仕様への灯火類改善作業に伴い、オリジナルのウインカー出力とは別に配線を施す作業が多々必要なアメ車。

しかし現行モデルのLEDウインカー採用車で、FAULT SENSEラインがランプに接続されている車両は、既存のように抵抗等のダミー回路ではハイフラをキャンセルすることは不可能です。

この小さなユニットひとつで最大4箇所のウインカーハイフラキャンセルが可能です。

 

 

 

 

2011y以降LD系ダッジチャージャー日本仕様テールランプ改善 スイッチバック式ウインカー/バックランプ

スモール及びブレーキ点灯は、オリジナルと同一。

バックランプもオリジナルと同じですが、ウインカー作動時にはバックランプ灯がアンバー点滅に切り替わります。

もちろん車検対応、未だUS仕様のままのお車にお乗りの方は、安全のために是非ともご検討ください。