アダプティブクルーズコントロール照準モードのアライメント/クライスラー300

IMG_7390

クライスラー300では2代目にあたる2011y以降のモデルで、メーター上に「FCW OFF」とメッセージが出てしまっているケース。

ご存知の方も多いでしょうが、これは前方衝突警告機能がオフ状態(機能しない状態)であることをドライバーに知らせる警告です。

 

IMG_7409

アダプティブクルーズコントロール(ACC)装備車では、フロントバンパー下部にレーダーセンサーが存在しています。

 

IMG_7392

例えば今回お預かりしている2013yモデルのクライスラー300では、ACC(アダプティブクルーズコントロール)のDTCにて「ACCセンサー調整必要」というコードが現在値にて入力されています。

過去に何らかの理由(例えば事故等)でACCセンサーの照準が狂った状態で走行すると、上記のようなエラー状態に陥り、再度ACCセンサーのアライメント調整を実施する必要性があります。

 

IMG_7393

具体的な調整法は、wiTECHにてACCの照準モード/自動アライメント機能を選択し、学習モードを進行させて実施。

 

IMG_7395

そのステップは2段階存在し、まずは静止状態で基本となるACCレーダーの水平方向を調整

wiTECHに示される実測をもとに、気泡菅水準器を使用して精密にセンサーの位置を調整。

 

IMG_7398

その後、wiTECHにて自動アライメントモードを続行したまま、高速道路等にて走行学習を行うことになります。

 

IMG_7397

具体的には時速65Km/h以上125Km/h未満の速度にて、アクセル及びブレーキ操作を極力緩やかに操作し、なるべく一定スピードにて直線路を走行します。

それにより自動アライメントモード状態のACCレーダーセンサーは、目標となる周囲対象物を探索することにより学習を進行させます。

 

IMG_7410

もし、ACCセンサーの損傷等により、調整や学習が行えない状態であれば、残念ながらACCセンサー本体の交換が必要。

その際はACCセンサー=アダプティブクルーズコントロールのECUとなるので、オンラインによるプログラム(フラッシュ)も必要となります。

 

IMG_7391

UGでは現在、既存のwiTECH1.0とは別に、オンラインWebディーラー診断機であるwiTECH2(ワイテック2)を導入しています。

2018y以降はwiTECH1.0ではオンラインによる診断は不可能になりましたが、UGでは常にディーラーレベルと同様の環境を保つ為、wiTECH2.0アクセス権を取得

今後も継続して、ECUプログラミングを含むクライスラー/ダッジ系の全ての作業を自社内で行える環境を維持しますので、クライスラーの日本撤退後もご安心ください。

UG/yoshida



 

*当社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

2018y以降対応/WiTECH2.0(オンラインWebディーラー診断機/ワイテック2)導入 テックオーソリティライセンス年間契約

フォードIDS/VCM2導入済み(各種ECUプログラミング可能)

GM次世代診断アプリケーション GDS2/TECH2(最新インターフェイスMDI2)オンライン対応

ベンツDAS/XENTRY完備(SCNコーディング可能)&コーディングソフト「VEDIAMO」完備 その他 各車種対応AUTELテスター/DENSO DST-i等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~20:00  土/日/祝 12:00~18:00  定休日/毎週水曜日

 

 

image

2015y以降ダッジチャレンジャー用/ウインカーCANBUSアダプター販売(2018yも対応)

 車輌のCANラインより、ウインカーの出力信号を取り出す、灯火類改善用のCANBUSアダプターです。

 カナダモデルでの対策等でお困りの業者様、これがあれば容易に日本仕様への灯火類改善が可能です。

 お問い合わせは冨田/吉田まで(業者様専用部品ですので、一般の方への販売はお断りすることがございます)

 

image

クライスラー/ダッジ LEDウインカー改善用 ハイフラキャンセラーも単体販売可能

日本仕様への灯火類改善作業に伴い、オリジナルのウインカー出力とは別に配線を施す作業が多々必要なアメ車。

しかし現行モデルのLEDウインカー採用車で、FAULT SENSEラインがランプに接続されている車両は、既存のように抵抗等のダミー回路ではハイフラをキャンセルすることは不可能です。

この小さなユニットひとつで最大4箇所のウインカーハイフラキャンセルが可能です。

 

 

 

 

…他のチャレンジャーとは違う、UGオリジナルで開発したシーケンシャルウインカーを有したテールランプ。

2018y以降モデルの自社輸入車両は、全車シーケンシャルウインカー(オプションにてアダプティブストロボフラッシュブレーキランプ点灯追加選択可能)で販売させていただきます。

もちろん車検対応特許出願中

 

IMG_2945

純正HEMIネームプレートをベースにレーザー加工にて製作したUGオリジナル「HEMI」LEDビームエンブレム

エンブレムのアート化もしくは補助サイドウインカーとして…厚さ僅か3mmとオリジナルの外観を崩さず、均等かつ鮮明に発光します。

注意:車両側に配線を通す穴あけ加工が必要です