定期点検に伴うIDS診断/シェルビーGT500

IMG_7428

車検整備にてお預かり作業中の、シェルビーマスタング/GT500エレノアです。

24ヶ月点検ということで、点検記録簿項目のチェックはもちろん、

 

IMG_7400

UGではメーカー純正ディーラー診断機によるECU診断も、必須項目として行います。

というのも、CANバスシステムの進化により近年の車両では多岐にECUが存在するため、テスターを使用したECUの診断も必要不可欠と考えられます。

今回のGT500では、フォードディーラーテスターである、IDSを現車に接続して診断実施。

 

IMG_7403

各種存在するECUの、DTC(ダイアグノシストラブルコード)の把握は基本中の基本。

 

IMG_7407

特にハイパフォーマンスエンジン等ではエンジンコントロールの実測点検にて、燃調等のズレが存在していないか確認していきます。

 

IMG_7404

どれだけ経験値豊富な熟練のメカニックでも、ECU内部に存在するDTCや、不具合に対する制御実測の把握は、専用の診断機が無ければ不可能です。

例えばエンジンの点検ひとつでも、スパークプラグやエンジンオイルといった消耗品の確認/交換や、オイル漏れといった機械的部位の診断/修理は出来ても、そのエンジンをコントロールするECUの制御のズレ等はテスターが無ければ把握不可能

 

IMG_7429

そして、よりその実測や制御システムの点検/確認を正確に行うには、いわゆる汎用テスター等では限界が存在します。

 

IMG_7405

上記内容を踏まえUGでは、VCM2をインターフェイスとしたフォード/リンカーンのメーカー純正ディーラー診断機であるIDSを完備し、フォード/リンカーンブランドの各種診断及びプログラム等をも可能な環境設備にて、お客様の愛車を診断いたします。

フォードのジャパン撤退により、フォード/リンカーン系のメンテナンス等でお困りの方、UGではディーラーレベルのメンテナンスが可能なので、ご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

 IMG_7402

UG/yoshida



 

*当社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

2018y以降対応/WiTECH2.0(オンラインWebディーラー診断機/ワイテック2)導入 テックオーソリティライセンス年間契約

フォードIDS/VCM2導入済み(各種ECUプログラミング可能)

GM次世代診断アプリケーション GDS2/TECH2(最新インターフェイスMDI2)オンライン対応

ベンツDAS/XENTRY完備(SCNコーディング可能)&コーディングソフト「VEDIAMO」完備 その他 各車種対応AUTELテスター/DENSO DST-i等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~20:00  土/日/祝 12:00~18:00  定休日/毎週水曜日

 

 

image

2015y以降ダッジチャレンジャー用/ウインカーCANBUSアダプター販売(2018y対応)

 車輌のCANラインより、ウインカーの出力信号を取り出す、灯火類改善用のCANBUSアダプターです。

 カナダモデルでの対策等でお困りの業者様、これがあれば容易に日本仕様への灯火類改善が可能です。

 お問い合わせは冨田/吉田まで(業者様専用部品ですので、一般の方への販売はお断りすることがございます)

 

image

クライスラー/ダッジ LEDウインカー改善用 ハイフラキャンセラーも単体販売可能

日本仕様への灯火類改善作業に伴い、オリジナルのウインカー出力とは別に配線を施す作業が多々必要なアメ車。

しかし現行モデルのLEDウインカー採用車で、FAULT SENSEラインがランプに接続されている車両は、既存のように抵抗等のダミー回路ではハイフラをキャンセルすることは不可能です。

この小さなユニットひとつで最大4箇所のウインカーハイフラキャンセルが可能です。

 

 

 

 

US本国仕様4灯ブレーキ/スモール同時点灯&スイッチバック式ウインカーアンバー点滅

~2010yチャージャー/~2014yチャレンジャー等、ご興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

 

IMG_2945

純正HEMIネームプレートをベースにレーザー加工にて製作したUGオリジナル「HEMI」LEDビームエンブレム

エンブレムのアート化もしくは補助サイドウインカーとして…厚さ僅か3mmとオリジナルの外観を崩さず、均等かつ鮮明に発光します。

注意:車両側に配線を通す穴あけ加工が必要です