オイルクーラーからのオイル漏れ/ベンツE320CDI

IMG_7813

当社の過去の整備事例を見ていただいて、今回初めてご入庫いただいた、W211型ベンツE320CDIステーションワゴンの修理です。

 

IMG_7773

このディーゼルターボエンジンで、10万キロ越したあたりから多くの車両が悩まされている、エンジンオイルの過大な漏れ

一見、オイルパン周辺かクランクのリアシール周辺かと勘違いしそうなこのオイル漏れですが、その多くはエンジンVバンク中央に鎮座する水冷式オイルクーラー部からの漏れです。

 

IMG_7779

しかしこの部位の確認には、多少のパイピング等の付属品を外したところで判断しにくく、ブーストエアデスビやタービン等を全て外さなければ最終的な判定は出来ない箇所です。

 

IMG_7785

Vバンクに装着されるミクスチャーチャンバーAssyを取外すと、中央に水冷式オイルクーラーが鎮座しているのが確認できます。

 

IMG_7786

このオイルクーラーから漏れてきたエンジンオイルが行き場を失いVバンク中央に溜まり、車の挙動等によって下へ派手に漏れてくるケース

 

IMG_7795

その多くのCDIがオイルクーラー本体からの漏れではなく、オイルクーラーとブロックとの接合面にあるガスケットシールの劣化によって発生します。

 

IMG_7803

また予算が合えば、ここまで分解した序に同時交換しておきたいパーツとして、インテークのサーボモーターとグロープラグ

今回はユーザー様の方がこの2点を予め準備されていたので、パーツを組み付けていく過程にて交換しておきました。

 

IMG_7808

特にここ数年、W211型ベンツE320CDIの様々なトラブル事例も多々報告され、当社にも多くのCDIが入庫してきています。

UGではベンツ専用診断機である「XENTRY/DAS」を完備し、アメ車のみならずベンツの修理も数多く承っております(2017y度 年間ベンツ修理入庫実績164台)

あらゆるクラスの各種故障診断はもちろん、ECU交換の際に必要なオンラインによるSCNコーディング等、ディーラーレベルの作業が可能です。

また、ディーラーでは行うことの無い、各種コーディング変更等も修理作業にて実施(例:一部の中古部品プログラム変更による同期/SBC作動時間超過に対するリセット処置等)

ベンツの修理でお悩みの方は、ユーザー様/業者様問わず、お気軽にご連絡お願いします。

 

UG/yoshida



 

*当社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

2018y以降対応/オンラインWiTECH2.0導入 メーカーオンラインライセンス年間契約

フォードIDS/VCM2導入済み

GM次世代診断アプリケーション GDS2/TECH2(最新インターフェイスMDI2)オンラインTis完備/各種プログラム可能

ベンツDAS/XENTRY完備(SCNコーディング可能)コーディングソフトVEDIAMO その他 各車種対応AUTELテスター/DENSO DST-i等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~20:00  土/日/祝 12:00~18:00  定休日/毎週水曜日