グロー機能不良の理由/ベンツE320CDI

IMG_7827

エンジンの始動性が悪く、エンジン始動後もしばらくの間、グロー警告が点灯しているW211型ベンツE320CDIセダンの修理です。

 

IMG_7829

グロー機能の不良として、真っ先に思い浮かぶのは、消耗品であるグロープラグの断線

経年劣化にてグロープラグの内部抵抗が大きくなると、補助熱源としての機能が果たせなくなり、始動性に大きく影響します。

 

IMG_7828

しかしDASによるDTCにて、「○○シリンダーグロープラグ断線」と同時に「予熱時間アウトプットステージ」に関するエラーが入力される場合。

今回のCDIもそのパターンにて、「No5グロープラグ断線」とDTCが入力されているも、実際の抵抗値を測定するとDTC入力条件に達する程の抵抗過大には陥っていない数値

 

IMG_7826

先にも述べた「予熱時間アウトプットステージ」も同時に入力される場合は、グローコントロールユニットの可能性が高いです。

このグローコントロールユニットもCDIではよく傷む部位であり、初期のものは品番変更により外観も変わっています。

今回のCDIもテストステップに従って、順番に測定診断していった結果、DTCにて断線入力されていたNo5グロープラグは問題なく、このユニットだけの交換にて解決しました。

…しかし、たまたまなのか最近、W211型CDIの入庫率が高いです…。

 

IMG_7830

UGではベンツ専用診断機である「XENTRY/DAS」を完備し、アメ車のみならずベンツの修理も数多く承っております(2017y度 年間ベンツ修理入庫実績164台)

あらゆるクラスの各種故障診断はもちろん、ECU交換の際に必要なオンラインによるSCNコーディング等、ディーラーレベルの作業が可能です。

また、ディーラーでは行うことの無い、各種コーディング変更等も修理作業にて実施(例:一部の中古部品プログラム変更による同期/SBC作動時間超過に対するリセット処置等)

ベンツの修理でお悩みの方は、ユーザー様/業者様問わず、お気軽にご連絡お願いします。

 

UG/yoshida



 

*当社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

2018y以降対応/オンラインWiTECH2.0導入 メーカーオンラインライセンス年間契約

フォードIDS/VCM2導入済み

GM次世代診断アプリケーション GDS2/TECH2(最新インターフェイスMDI2)オンラインTis完備/各種プログラム可能

ベンツDAS/XENTRY完備(SCNコーディング可能)コーディングソフトVEDIAMO その他 各車種対応AUTELテスター/DENSO DST-i等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~20:00  土/日/祝 12:00~18:00  定休日/毎週水曜日