ドライブシャフトとボールジョイントと…/ベンツA170

 

IMG_2429

車検整備でお預かり作業中の、W169型ベンツA170です。

 

IMG_2389

リフトに上げて下回りを確認すると、右フロントドライブシャフト周辺に、おびただしい量の飛び散ったグリス痕

 

IMG_2392

もちろんこの状態では、検査に合格しないばかりか、そのまま乗り続けるとグリス切れによる等速ジョイント損傷の危険性もあるので、車両よりドライブシャフトAssyを取外して修理です。

 

IMG_2391

ドライブシャフトのインナー側のブーツが劣化により割れてしまい、そこから駆動回転により内部のグリスが飛散してしまっています。

 

IMG_2415

等速ジョイントを分解して、内部を綺麗に洗浄し、新しいブーツに組替えてグリスを注入

 

IMG_2416

幸い今回はブーツ交換で済みましたが、知らずにグリスが飛び散った状態で乗り続けると、そのうち損傷による異音が発生してジョイントAssyの交換が余儀なくされます。

 

IMG_2390

また今回のA170は、試運転すると、ゴトゴトするハンドリングを体感しました。

ユーザー様はその症状に対する不具合を訴えてはいませんでしたが、明らかに経験上ではフロントのロアボールジョイント損傷による体感症状

 

IMG_2386

この型のAクラスや同年代のBクラスに多い、外観での目視点検では判断できないフロントロアアームのボールジョイント損傷

ボールジョイントをロアアームより外して広げると、ブーツの損傷により内部のグリスが無くなって異物が混入してしまっているのが確認できます。

もちろんロアボールジョイントを新品に交換した後は、ベンツ本来のしっかりとしたハンドリングが蘇りました。

 

IMG_0684

その他、ブレーキパッドやベルトの他に各油脂類等をリフレッシュし、最終的にDASによるテスター診断及びメンテナンスインジゲーターの設定。

 

UGではベンツ専用診断機である「XENTRY/DAS」を完備し、アメ車のみならずベンツの修理も数多く承っております(2017y度 年間ベンツ修理入庫実績164台)

あらゆるクラスの各種故障診断はもちろん、ECU交換の際に必要なオンラインによるSCNコーディング等、ディーラーレベルの作業が可能です。

また、ディーラーでは行うことの無い、各種コーディング変更等も修理作業にて実施(例:一部の中古部品プログラム変更による同期/SBC作動時間超過に対するリセット処置等)

ユーザー様のご希望に応じて、各種カスタムコーディング(デイライトやTVアクティブ等)も施行致します。*参照→http://ug-jpn.com/2018/09/15/19272/

ベンツの修理でお悩みの方は、ユーザー様/業者様問わず、お気軽にご連絡お願いします。

 

UG/yoshida



 

 弊社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

2018y以降対応/WiTECH2.0(オンラインWebディーラー診断機/ワイテック2)導入 テックオーソリティライセンス年間契約

フォードIDS/VCM2導入済み(各種ECUプログラミング可能)

GM次世代診断アプリケーション GDS2/TECH2(最新インターフェイスMDI2)オンライン対応

ベンツDAS/XENTRY完備(SCNコーディング可能)&コーディングソフトVEDIAMO及びDTS Monaco完備 その他 各車種対応AUTELテスター/DENSO DST-i等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~20:00  土/日/祝 12:00~18:00  定休日/毎週水曜日

 

 

 

 

UGオリジナルで作製した10ポート/シーケンシャルのユニットをベースに、各種点灯/点滅パターンを更にUGにてユニットへプログラムしてみた動作のサンプルです。

通常のシーケンシャルモードの他、ウェーブモード/フラッシュモード/ナイトライダーモード、そしてスピード可変…

既製品ユニットには無い、ご希望の点灯/点滅パターン等があれば、ご相談に応じます。

トップページへ戻る