FPリレー対策品での不具合に対する再リコール/ダッジデュランゴ

2011y~2013yのWD/ダッジデュランゴやWK/ジープグランドチェロキーを対象とした、フューエルポンプリレー回路の不具合に対するリコール

リレー回路の不具合発生によってフューエルポンプが作動しなくなり=スタート操作を行っても、スターターは廻れどエンジン始動不能状態に陥る不具合事例が多々あります。

 

この年式のデュランゴやグランドチェロキーでは、製造時の状態ではリレーボックス内にフューエルポンプリレーは存在していません。

エンジンルームに取り付けられているヒューズ/リレーボックスはTotally Integrated Power Module(TIPM)と呼ばれるCANで制御されるECUとなり、フューエルポンプリレー回路は新車製造時ではTIPMに内蔵されています。

 

しかしTIPM内蔵フューエルポンプリレー回路の不具合が多発し、後の2015y頃にセーフティリコール処置として「外部リレー」への配線変更処置が講じられます。

セーフティリコールR09の対策部品として供給されたOMRON製の外部設置フューエルポンプリレー…しかし近年、この改善対策用に供給されていたOMRON製リレーの不具合が度々発生してきています。

 

それに伴って2021yより新たなフューエルポンプリレー回路に対するセーフティリコールV62がリリースされています。

以前にリコール救済策として取り付けていたOMRON製リレーは、リレー接点のシリコン汚染の影響を受けやすくリレーが故障する可能性があると発表されており、今回お預かりしたデュランゴもR09からV62へと対策改善処置の実行です。

 

セーフティリコールV62で新たにリリースされた改善対策リレーは、以前のものと異なり容量の大きなタイプへと変更されます。

 

もちろんリレー端子ハーネスも変更となるので、現車のTPIM廻りを分解して配線加工取付

 

R09時にリリースされていたOMRON製リレーに比べ、より大容量になったV62対策リレーは、付属されている専用のステーで固定されるので見た目ですぐ判断可能です。

未だV62未対策車のWD及びWKにお乗りのオーナー様は、不具合の発生経験如何に問わず早めの対策処置をお勧めします。

 

UGではオンラインディーラー診断機であるwiTECH2(ワイテック2)を導入しています。

クライスラー/ダッジ系だけでも年間400件以上の各種メンテナンスご入庫を頂いているUGでは、連日オンラインによる診断/プログラム作業を行っています。(2023y度 年間クライスラー&ダッジ修理入庫実績433台)

UGでは今後も継続して、ECUプログラミングを含むクライスラー/ダッジ系の全ての作業を自社内で行える環境を維持しますので、メンテナンスでお困りの方は ユーザー様/業者様問わず ご縁慮無くお問い合わせ下さい。

 

UG/yoshida



*弊社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

クライスラー&ダッジディーラー診断機 WiTECH2.0(ワイテック2)導入/FCAコーディングソフト完備

フォードFDRS/IDS(VCM3)各種ECUプログラミング可能/ForSCAN完備

GM診断アプリケーション GDS2/TECH2(MDI2)サービスプログラミングシステム対応

ベンツDAS/XENTRY完備&コーディングソフト完備

BMWテスターISPI NEXT(ISTA-D/ISTA-P)完備 各種プログラミング可能 その他 各車種対応AUTEL各種診断機/VCDS等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~19:00  土/日/祝 11:00~18:00  定休日/毎週水曜日

 

トップページへ戻る