可変インテークシステムのトラブル/クライスラー300

IMG_5930

お客様より修理依頼でお預かりさせていただいた、08yモデルのクライスラー300/3.5Lです。

 

IMG_5933

修理内容は、メーターディスプレイにチェックエンジンの警告ランプが点灯。

エンジンのECU(PCM)が異常を検知した際に点灯するチェックエンジンランプは、ダイアグノシスコード(DTC)として識別され、そのコード数はPCMだけで約250項目以上

もちろん、点灯したままの状態だと車検も不合格になります。

 

IMG_5809

チェックエンジンを点灯させている原因となるDTCの確認、及びPCMが制御している現在の実測等を確認するために、wiTECH(クライスラー純正診断機/ワイテック)を現車に接続して診断します。

その結果、今回のLXのトラブルは、ショートランナーバルブ(SRV)システムの不具合と判明。

 

IMG_5931

インテークマニホールドに装備されているSRVシステムは、可変吸気システムであり、走行状況によってインテーク長を変化させ、エンジン出力の向上等を計っています。

インテークマニにはSRVを駆動させるソレノイドが装備され、PCMにて制御を行っています。

 

IMG_5935

シリンダーヘッドのポートに装着される部位から、その可変バルブ本体が確認できます。

 

IMG_5937

このバルブをソレノイドが駆動させることにより、スロットルから導かれた吸気が、マニホールド内でインテークポートまでのルートを可変させています。

 

IMG_5934

ただし、これらはマニホールドと一体成形で構成されており、不具合の場合はマニホールドAssy交換となります。

 

UG/yoshida



 

*当社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

2015y以降対応WiTECH/microPODⅡ導入 メーカーオンラインライセンス年間契約(Witech及びテックオーソリティ)

フォードIDS/VCM2導入済み

GM次世代診断アプリケーション GDS2/TECH2(最新インターフェイスMDI2)オンライン対応

ベンツDAS/XENTRY完備(SCNコーディング可能)&コーディングソフト「VEDIAMO」完備 その他 各車種対応AUTELテスター/DENSO DST-i等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~20:00  土/日/祝 12:00~18:00  定休日/毎週水曜日

 

 

image

2015yダッジチャレンジャー用/ウインカーCANBUSアダプター販売

 車輌のCANラインより、ウインカーの出力信号を取り出す、灯火類改善用のCANBUSアダプターです。

 北米デイライト対策等でお困りの業者様、これがあれば容易に日本仕様への灯火類改善が可能です。

 お問い合わせは冨田/吉田まで(業者様専用部品ですので、一般の方への販売はお断りすることがございます)

 

image

クライスラー/ダッジ LEDウインカー改善用 ハイフラキャンセラーも単体販売可能

日本仕様への灯火類改善作業に伴い、オリジナルのウインカー出力とは別に配線を施す作業が多々必要なアメ車。

しかし現行モデルのLEDウインカー採用車で、FAULT SENSEラインがランプに接続されている車両は、既存のように抵抗等のダミー回路ではハイフラをキャンセルすることは不可能です。

この小さなユニットひとつで最大4箇所のウインカーハイフラキャンセルが可能です。

 

 

 

 

…他のチャレンジャーとは違う、UGオリジナルで開発したシーケンシャルウインカーを有したテールランプ。

2017y以降モデルの自社輸入車両は、全車シーケンシャルウインカー及びアダプティブブレーキランプで販売させていただきます。

もちろん車検対応特許出願中

 

IMG_2945

純正HEMIネームプレートをベースにレーザー加工にて製作したUGオリジナル「HEMI」LEDビームエンブレム

エンブレムのアート化もしくは補助サイドウインカーとして…厚さ僅か3mmとオリジナルの外観を崩さず、均等かつ鮮明に発光します。

注意:車両側に配線を通す穴あけ加工が必要です