レッドテールの日本仕様改善/ダッジチャレンジャー

IMG_6710

テールランプの日本仕様改善作業をご用命いただいた、2011yダッジチャレンジャーSRT8です。

US本国レッドテール点灯の状態を、UG定番の「4灯同時ブレーキ/スモール点灯&スイッチバック式ウインカー」への改善作業です。

 

IMG_6709

LC系チャレンジャーのテールランプは、全て3157タイプのハロゲンバルブが使用されています。

 

IMG_6708

これを同タイプのLEDバルブへ変更し、両外側のバルブのみスイッチバック式を選択。

 

IMG_6714

もちろん、バルブを交換するだけでは不可能なので、現車に配線加工は必須作業。

必要とする容量のキャンセラー回路を作製し、新たに独立したブレーキ及びウインカー回路の配線処理

特にチャレンジャーのテールランプでは、オリジナルのウインカー時には3157W球を片側2個消費させるので、それに見合ったダミー回路を選択しなければ危険です。

よく低容量のダミー回路を取り付けてキャンセルさせている車両を見かけますが、機能上は正常に作動しても、抵抗体であるダミー回路はかなりの熱を発します

それにより後に、出火等のトラブルが発生する危険性も高いので注意が必要。

 

IMG_6712

UGではオリジナルと同様の点灯方式に近い灯火類改善に拘り、更に車両側の配線を一工夫

「4灯同時ブレーキ/スモール点灯&スイッチバック式ウインカー」 動画にてその灯火作動をご確認ください↓(ブログより動画が確認できます)

 

 

 

スモール点灯時もブレーキング時も、オリジナルと全く同様に4灯レッド点灯

ウインカー時のみ、外側がアンバー点滅にスイッチバック

テールランプ本体は一切加工せずに、LEDマジックによる日本仕様改善

未だUS仕様のままの方は、安全の為にも是非ご検討ください。

 

UG/yoshida



*当社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

2018y以降対応/オンラインWiTECH2.0(クライスラーWebディーラー診断機/ワイテック2)導入 テックオーソリティライセンス年間契約

フォードIDS/VCM2導入済み

GM次世代診断アプリケーション GDS2/TECH2(最新インターフェイスMDI2)オンラインTis完備/各種プログラム可能

ベンツDAS/XENTRY完備(SCNコーディング可能)コーディングソフトVEDIAMO その他 各車種対応AUTELテスター/DENSO DST-i等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~20:00  土/日/祝 12:00~18:00  定休日/毎週水曜日