オイル漏れ箇所のウィークポイント/ベンツCL550

IMG_6807

修理にて業者様よりお預かりした、C216型のベンツCL550です。

エンジンはV8DOHC/5.5リッターの、M273型を搭載した車両。

 

IMG_6813

下回りを確認すると、エンジンのフロント周りに、オイル漏れが発生しているのが伺えます。

普段はアンダーカバーで囲われているので、駐車場とかにその痕跡が残ることが無く、オーナー様もオイル漏れの認識は皆無かと思います。

 

IMG_6808

このファンベルトテンショナー部位に垂れてきている漏れの原因箇所は、その上部に位置するオイルエレメントのハウジング部

先代のM113型エンジンより、酷似した構造のエレメントハウジング部は、やはり同じくM273型エンジンでもオイル漏れの発生しやすい箇所

 

IMG_6818

水冷式オイルクーラーが備わったハウジングは、オイルポンプより真っ先にオイルが導かれる箇所なので、最も油圧のかかる箇所

その為、経年劣化で合わせ面のガスケットが劣化すると、激しくオイルが漏れてきます。

 

IMG_6817

ハウジング部を取外すと、漏れたオイルがその下部に溜まって、かなり汚れている状態。

このまま気付かずに放置すると、他のホース類やエアコンのコンプレッサーに漏れたオイルが蓄積し、損傷を起こす可能性があります。

 

IMG_6836

汚れたハウジング部のパーツを綺麗に洗浄し、新品のガスケットを組み付け、元通りに組み立てていきます。

 

IMG_6839

組み立て後は、DAS(ベンツ診断機)にて配線や配管等がきちんと組まれているか完成検査の意味合いも含め、ショートテストを行い正常に機能しているのを確認して終了です。

UGではベンツ専用診断機である「XENTRY/DAS」を完備。

各種故障診断はもちろん、ECU交換の際に必要なオンラインによるSCNコーディング等、ディーラーレベルの作業が可能です。

ベンツの修理でお悩みの方は、ユーザー様/業者様問わず、お気軽にご連絡お願いします。

 

UG/yoshida



*当社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

2018y以降対応/WiTECH2.0(オンラインWebディーラー診断機/ワイテック2)導入 テックオーソリティライセンス年間契約

フォードIDS/VCM2導入済み(各種ECUプログラミング可能)

GM次世代診断アプリケーション GDS2/TECH2(最新インターフェイスMDI2)オンライン対応

ベンツDAS/XENTRY完備(SCNコーディング可能)&コーディングソフト「VEDIAMO」完備 その他 各車種対応AUTELテスター/DENSO DST-i等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~20:00  土/日/祝 12:00~18:00  定休日/毎週水曜日

 

 

image

2015yダッジチャレンジャー用/ウインカーCANBUSアダプター販売

 車輌のCANラインより、ウインカーの出力信号を取り出す、灯火類改善用のCANBUSアダプターです。

 カナダモデルでの対策等でお困りの業者様、これがあれば容易に日本仕様への灯火類改善が可能です。

 お問い合わせは冨田/吉田まで(業者様専用部品ですので、一般の方への販売はお断りすることがございます)

 

image

クライスラー/ダッジ LEDウインカー改善用 ハイフラキャンセラーも単体販売可能

日本仕様への灯火類改善作業に伴い、オリジナルのウインカー出力とは別に配線を施す作業が多々必要なアメ車。

しかし現行モデルのLEDウインカー採用車で、FAULT SENSEラインがランプに接続されている車両は、既存のように抵抗等のダミー回路ではハイフラをキャンセルすることは不可能です。

この小さなユニットひとつで最大4箇所のウインカーハイフラキャンセルが可能です。

 

 

 

 

US本国仕様4灯ブレーキ/スモール同時点灯&スイッチバック式ウインカーアンバー点滅

~2010yチャージャー/~2014yチャレンジャー等、ご興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

 

IMG_2945

純正HEMIネームプレートをベースにレーザー加工にて製作したUGオリジナル「HEMI」LEDビームエンブレム

エンブレムのアート化もしくは補助サイドウインカーとして…厚さ僅か3mmとオリジナルの外観を崩さず、均等かつ鮮明に発光します。

注意:車両側に配線を通す穴あけ加工が必要です