ニューマチックポンプのトラブル/ベンツS550

リアのセンターヘッドレストが倒れない、W221モデル/ベンツS550の修理です。

 

リアシートのヘッドレストが起きた状態であった場合でも、ドライバーがセンターコンソール上に位置するスイッチ操作で倒すことが可能で、後方確認の妨げを防止できます。

 

リアシートに3つあるヘッドレストは、左右の両端は電動モーター式で、各リアドアにあるスイッチ操作で可動を可能としています。

一方センターにあるヘッドレストは手動式のため、起きた状態のヘッドレストをドライバー側のスイッチで倒す操作はバキュームポンプによる制御となります。

 

このバキュームポンプはニューマチック制御ユニットとして存在し、DTC(故障コード)を確認するとニューマチックポンプの本体故障を検知して作動していません

 

このニューマチックポンプは主にマルチフォームシートの制御に使用されているので、ニューマチックポンプが作動しない=各席のマルチフォームシートも機能しない状態です。

 

全く動かなくなったニューマチックポンプ、今回はご依頼先が中古部品を手配され交換作業

 

ポンプを交換すると作動機能も復帰し、ヘッドレストやマルチフォームシートも正常に作動。

しかしポンプが動かなくなった原因…念のためシステムリークテストを実施してみると、

 

案の定プレッシャー値が安定して維持できていない=バキューム漏れによりポンプが頻繁に作動→ポンプの寿命低下というシナリオによるものと判明。

 

こういったバキュームリーク箇所の点検は、バッテリーの漏電点検と同様、順番に圧力数値を確認しながら地道に測定点検していくことになります。

 

但しニューマチックポンプのバキュームリーク箇所として、最も可能性が高いのは、やはりフロントシート内部

どのラインでリークが発生しているか測定しながら順番に絞っていき、圧力損失している箇所を断定し対処することで、安定した圧力値の維持→ポンプ焼き付きの原因箇所も修理完了です。

 

UGではベンツ専用診断機である「XENTRY/DAS」を完備し、各クラスのベンツ修理も数多く承っております(2023y度 年間ベンツ修理入庫実績279台)

あらゆるクラスの各種故障診断や各種コーディング変更等(カスタムコーディング)も修理作業にて実施しています。

ベンツの修理でお悩みの方は、ユーザー様/業者様問わず、お気軽にご連絡お願いします。

 

UG/yoshida



*弊社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

クライスラー&ダッジディーラー診断機 WiTECH2.0(ワイテック2)導入/FCAコーディングソフト完備

フォードFDRS/IDS(VCM3)各種ECUプログラミング可能/ForSCAN完備

GM診断アプリケーション GDS2/TECH2(MDI2)サービスプログラミングシステム対応

ベンツDAS/XENTRY完備&コーディングソフト完備

BMWテスターISPI NEXT(ISTA-D/ISTA-P)完備 各種プログラミング可能 その他 各車種対応AUTEL各種診断機/VCDS等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~19:00  土/日/祝 11:00~18:00  定休日/毎週水曜日

 

トップページへ戻る