ヘッドライトが点灯しなくなった原因/ダッジチャレンジャー

片側のヘッドライトが点灯しなくなった、2015yダッジチャレンジャーの点検です。

ヘッドライトが点灯しない=一般的には「バルブ切れ」や「ヒューズ断線」等の原因がまず思いつく内容です。

 

特にLAモデルのチャレンジャーでは、ヒューズ側の不具合による電源供給不良にて点灯しないケースが多く感じます。

 

単なるヒューズの寿命等による断線…では無く、ヒューズ端子の焼損による通電不良トラブル

使用されているミニブレードヒューズの接点容量不足等が原因と考えられ、ヒューズホルダー部が通電熱で焼損してしまう為、電源供給不良にてライトが点灯しなくなります。

 

この状態だと新たなヒューズに交換しても…なので、ヒューズを移設する配線修復作業が必要です。

使用するヒューズも既存のミニブレードタイプだと同じことの繰り返しになるので、より接点容量のあるボックスタイプへと変更します。

 

ヒューズボックス内の空きスペースを利用してより容量のあるボックスヒューズタイプ回路へと移設することにより、同トラブルに対する改善はもちろん、見た目もオリジナル状態と変わらずスマートな処置が可能となります。

 

また今回の車両はPCMをはじめ、複数のECUに対しアップデートキャリブレーションが存在していたので、併せてフラッシュ処置を実行し、全てのECUを最新プログラムへとアップデートも完了です。

 

UGではオンラインディーラー診断機であるwiTECH2(ワイテック2)を導入しています。

クライスラー/ダッジ系だけでも年間400件以上の各種メンテナンスご入庫を頂いているUGでは、連日オンラインによる診断/プログラム作業を行っています。(2023y度 年間クライスラー&ダッジ修理入庫実績433台)

UGでは今後も継続して、ECUプログラミングを含むクライスラー/ダッジ系の全ての作業を自社内で行える環境を維持しますので、メンテナンスでお困りの方は ユーザー様/業者様問わず ご縁慮無くお問い合わせ下さい。

 

UG/yoshida



*弊社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

クライスラー&ダッジディーラー診断機 WiTECH2.0(ワイテック2)導入/FCAコーディングソフト完備

フォードFDRS/IDS(VCM3)各種ECUプログラミング可能/ForSCAN完備

GM診断アプリケーション GDS2/TECH2(MDI2)サービスプログラミングシステム対応

ベンツDAS/XENTRY完備&コーディングソフト完備

BMWテスターISPI NEXT(ISTA-D/ISTA-P)完備 各種プログラミング可能 その他 各車種対応AUTEL各種診断機/VCDS等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~19:00  土/日/祝 11:00~18:00  定休日/毎週水曜日

 

トップページへ戻る