ライトスイッチとレインセンサーの関係/ダッジデュランゴ

IMG_7881

ヘッドライトスイッチの操作にて、ライト点灯時の不具合が発生するということで、この度 初めてUGにお越しいただいた、2011yダッジデュランゴの診断です。

 

IMG_7833

まずはwiTECH2.0(ワイテック2)を接続して、各ECUが関連するエラーを検知していないか確認すると、ライトレインセンサーモジュール(LRSM)が通信損失状態と判明。

 

IMG_7879

LRSM(ライトレインセンサーモジュール)はオートワイパーシステムの主要コンポーネントですが、周辺光を感知する機能によりオートライト制御にも大きく影響します。

 

IMG_7880

フロントガラスの状態により感知能力に著しく影響する場合もありますが、今回のトラブルはセンサーモジュール自体の通信損失

センサーモジュールに接続される配線等を測定し、LINバス回線も含めて配線側に問題が存在しないのにセンサーモジュールがスリープ状態

 

IMG_7878

その機能制御を行なわなくなったセンサーモジュールは、新しいLRSM(ライトレインセンサーモジュール)へと交換が必要ですが、その際はテスターを使用してLRSMのアダプションの実行が必要です。

UGではオンラインディーラー診断機であるwiTECH2(ワイテック2)を導入しています。(2018y度 年間クライスラー&ダッジ修理入庫実績340台)

クライスラー/ダッジの現行ディーラー診断機であるwiTECH2.0(ワイテック2)は、最新モデルであっても全車両オンラインによる診断及び修理に対する各種プログラミング作業が可能

UGでは今後も継続して、ECUプログラミングを含むクライスラー/ダッジ系の全ての作業を自社内で行える環境を維持しますので、メンテナンスでお困りの方は ユーザー様/業者様問わず ご縁慮無くお問い合わせ下さい。

 

UG/yoshida



*弊社でご購入されたお車以外でも修理/車検等承っておりますので お気軽にご相談ください

 また業者様も大歓迎です 各種専用テスター及び整備マニュアル完備

クライスラー&ダッジ最新ディーラー診断機 WiTECH2.0(メーカーオンライン診断機/ワイテック2)導入 テックオーソリティライセンス年間契約

フォードIDS/VCM2導入済み(各種ECUプログラミング可能)

GM次世代診断アプリケーション GDS2/TECH2(最新インターフェイスMDI2)サービスプログラミングシステム対応

ベンツDAS/XENTRY完備(SCNコーディング可能)&コーディングソフトVEDIAMO及びDTS Monaco完備

BMWテスターISPI NEXT(ISTA-D/ISTA-P)完備 各種プログラミング可能

その他  AUTEL製各種テスター/VCDS(VagComDiagnosticSystem)/SnapOn MTG5000/DENSO DST-i等多彩に取り揃えています。

img_2210

アーバンガレージ TEL 072-638-5579 まで まずはお電話を

 平日10:00~20:00  土/日/祝 12:00~18:00  定休日/毎週水曜

 

 

 

 

LAチャレンジャーの新たなシーケンシャル仕様テールランプ、その名は「Bi Sequential(バイ シーケンシャル)」

現在 量産化に向け試作段階ですが、今後UGチャレンジャーの「オプション仕様」として開発中。

 

 

トップページへ戻る