パワーウインドモーターのリペア修理/リンカーンコンチネンタル マークⅤ

運転席側ドアのパワーウインドが作動不良にて業者様より修理ご入庫頂いた、リンカーンコンチネンタルの5代目となるマークⅤの作業です。後継の6代目よりダウンサイジング化が実施され姿を消したマークⅤ、アメ車の伝統的なフルサイズモ […]

MORE READING »

オートライトの機能不良/クライスラー300C

オートライトが機能しない、2012yクライスラー300Cの診断です。正常であればディマースイッチ「AUTO」ポジションにて、周囲の輝度に応じてヘッドライトの点灯/消灯を自動に行うのですが、現車は夜でも全く点灯しない状態。 […]

MORE READING »

損傷したプロペラシャフトの再生/ダッジチャレンジャー

ここ最近トラブル車両が多くなりつつある、LAモデル/ダッジチャレンジャーのプロペラシャフトセンターマウントの損傷。 長いプロペラシャフトのセンタージョイント部をサポートするマウント部が劣化により損傷し、それによ […]

MORE READING »

オルタネーターリコールの判別法/ダッジチャレンジャー

2011y~2014yまでのLC系チャレンジャーをはじめ、3.6Lエンジン及び5.7Lエンジン搭載の多くのモデルがセーフティリコールT36の対象となっています。その対象車両にあたる約442000台のオルタネーターは内部ダ […]

MORE READING »

TPMS機能の無効化コーディング/クライスラー300C

TPMS(タイヤプレッシャーモニターシステム)機能の無効化コーディングにて急遽ご来店頂いた、2010yクライスラー300Cの作業です。タイヤの空気圧を監視するTPMS機能はドライバーに対し「安全」「便利」なシステムですが […]

MORE READING »

水分混入によるエアポンプトラブル/ベンツC180

チェックエンジン警告ランプが点灯した、W204型ベンツC180の診断です。 入力されているDTC(故障コード)は「セカンダリエアシステムのエアフロー過小」、いわゆるエアポンプの機能不良が検知されています。&nb […]

MORE READING »

トップページへ戻る